今しているムダ毛処理って大丈夫?


ムダ毛処理
ムダ毛の処理で最もイイ方法・・ なんて 人それぞれでイイんじゃないか?・・・ と、思っていませんか?
 確かに 人によって合う合わない があるし、向き不向きもある。
ですが、どんな人でも やってはいけない・・ というか、あまりやらないほうがイイ方法というのは共通しています。そして、このほうがイイ!という方法も。

自己処理脱毛で起こるトラブル&お悩み
一番トラブルが多いのが “自己処理” によるムダ毛処理。とにかく肌へのダメージが大きく、様々なトラブルに見舞われます。
 自己処理のムダ毛処理で起こるトラブル・失敗例をあげてみましょう。

『剃る』ことによるトラブル.

“ムダ毛処理” で一番手っ取り早い方法といえばコレ。
 カミソリ一つあれば、誰でも簡単にチャチャッと処理できてしまいます。時間的にも経済的にも一石二鳥のお手入れ方法。脱毛を意識しだしたら、誰もがまず最初に経験する 初歩の脱毛 と言えるのではないでしょうか?

ですがこの方法は常習するにはかなり厳しいやり方。
緊急時に1度,2度 程度であれば何ら問題はありませんが、ず〜っと続けていくには 肌への負担が大きすぎるのです。

もしこの方法を続けていくと・・ 『皮膚の黒ずみ(色素沈着)』,『肌表面の凹凸(ブツブツ)』 などは避けられないトラブルです。
 ”色素沈着” は、それでなくても下着の締め付けや衣服の擦れなんかでも起こり得るというのに、そこにさらにお手入れすることによっても肌を痛めつける事になるなんて、身も蓋もありません。

一度できてしまった色素沈着を、元の状態に戻すのには、数倍の時間と努力が必要です。
 将来的に無毛な状態 & トゥルントゥルンのお肌を手に入れたい部分であれば、この方法はおすすめできません。

『抜く』ことによるトラブル.

そして2番目に誰もが経験する脱毛方法『抜く』方法。
 剃ってもスグに生えてくるのでイッソノコト抜いてしまおう というわけで、剃るよりも無毛な期間は長く再度生えてきた時のチクチク感といったものもないのが利点 といったところでしょうか。

ですが、この方法は “剃る” よりもなお重篤な事態を招くおそれのある行為。剃ったことによって起こるトラブルに加えて、『埋没毛』,『毛嚢炎(もうのうえん)』 などを引き起こします。

“埋没毛” というのは その字のとおり、「埋没した毛」のこと。抜いた部分の毛が 再度生えてきた時に、表皮を突き破ることができず 皮膚の内側でそのまま伸び続ける というものです。こうなると その毛をまた排除しようとして 無理矢理皮膚を傷つけ、流血・・ なんて事に。

 さらに 抜いた部分の毛根から菌が侵入し、赤く腫れ上がったり 膿をもった嚢胞(ニキビのようなもの)になったりするのが、”毛嚢炎” です。

抜く事での皮膚への負担もかなりのものですが、精神的な負担(痛み)や時間的な制限もある(1本1本抜く)のが毛抜きでの処理。肌へのリスクだけでも継続するのは難しいのに、さらに1本1本抜く痛みに耐え 貴重な時間も犠牲にして、それでも “抜く” という作業をし続ける意味がわかりません。

『除毛クリーム・脱毛ワックス』によるトラブル.

“剃る・抜く” といったほぼ原始的とも言えるような脱毛方法によるムダ毛処理に、やっと無意味さを実感したら、次に試すのがこの方法。一度は試したことがある、もしくは興味がある、という人は多いと思います。

“除毛クリーム” は、人の毛と同じアルカリ性の成分を含んだクリームを 処理したい部分に塗る事で 毛を溶かして除毛すると言うもの。さらに細かく言うと、アルカリ性の除毛クリームが 毛のタンパク質に作用して毛が溶けてなくなってしまうわけです。

 ですが このアルカリ性のクリームは、毛だけではなく 同じタンパク質で構成されている “肌” にまで少なからず影響を及ぼします。基本的な正しい使い方をしないと(使用する前の “パッチテスト” や “取説の熟読” など)『肌荒れ』 や,『炎症』 などを起こす可能性があります。

まず もともとアレルギー体質とか、敏感肌 と言う人は、ハナからこのような化学物質入りのクリームを使うのは避けた方がいいでしょう。比較的強い方だと思っていた当サイト管理人でさえ、「ヤバイ」と思って 一度腕で使ったっきり ですから。

“脱毛ワックス” は、毛抜きで1本1本抜くのではなくワックステープで一気にはがす!いわば “毛の一気抜き” です。ということは、毛抜きで抜く場合と同様に肌へのリスクも同じリスクがかかってくるわけです。
 
 
 自宅でできる比較的お手軽な自己処理方法としては だいたい以上のような方法だと思います。
友達の受け売りやネット、TV、映画。いろんな媒体の影響を受け、頑張って自己処理に励んだけれど、トラブルに見舞われてしまった・・ と言う人後を立ちません。

ムダ毛の自己処理で一番大切なのは、自分の毛の状態をしっかりと把握すること、肌の状態を熟知しておくこと。
そうすることで おのずと どういった方法が自分に合っているのか を見極められるのではないでしょうか。

《自己処理を続けた事による様々なお悩み&改善策》
こういった自己処理を続けていてもムダ毛は容赦なく生え続けます。それでも努力をし続ける女子たちの苦労話、「自分はこんな風にしてなんとか続けている」と言ったような声をまとめてみました。

 
 

脱毛・おすすめは?『プロにおまかせ』が一番安心!!
サロン選びが重要なカギ。